2015年6月30日 新宿本部にて

学校教育はおかしいと感じ、不登校や引きこもりになってしまった人は多い。
しかし、同じようにおかしいと感じたにもかかわらず、伊東先生は違っていた。
ずうっと闘ってきた。
そして今も闘っている。
「その違いは何なのか?」というスタッフの質問に答えて。

伊東:おかしいと感じた時、いったい何がおかしいのか追求することが大切だよ。
自分がおかしいのか、周りの人がおかしいのか、社会がおかしいのか。
それをやることで、社会性が身についてくる。
僕はそれをやってきた。
社会を、周りの人のことを、自分のことを考え、考えながら一番いい状態を作ろうと、一生懸命生きてきた。
それをしないで生きているのは、自分放棄だと思う。
なぜ、考えないのか!
なぜ闘わないのか!

そんなことも考えないで、普通に生きていけばいいと思っているからだろう。
きっと僕の生き方のほうが、はるかに普通でまともな生き方だと思う。